職務経歴書について

職務経歴書について

転職活動における書類選考では、特に職務経歴書が重視される傾向があります。

職務経歴書は書式が比較的自由で、A4サイズの用紙に1〜2枚程度にまとめ、長くなりすぎないようにします。



採用担当者、特に転職を採用する担当者は、一瞬で魅力的な職務経歴書を見抜いてしまいます。

職務経歴書は転職者のプレゼンテーション能力や書類作成力などの判断材料にもなり、転職者は職務経歴書を読みやすいレイアウトに工夫する事が良い評価に繋がります。

履歴書のように転職者の経歴を年代別に箇条書きにする形式が一般的ですが、転職回数が多い転職者の場合、表などを用いて業務内容別にまとめる方が読みやすいかもしれません。



職務経歴書では、転職者のアピールポイントを簡潔に伝える事が大切です。

職務経歴書に、希望する業務への意欲をずらずらと書き連ねたりしても、かえって読み辛くなるという失敗も少なくありません。

資格は箇条書きにし、アピールポイントも控えめな文章量で簡潔に伝える事が大切です。



採用担当者は転職者の過去の業績に注目するので、業績も「○年間の間に○○万円の売り上げをあげた」のような具体的な数字があると業績が非常に分かりやすく、採用担当者の目に止まりやすくなります。



書類選考では、会ってみたいと思わせる職務経歴書作りが求められます。

ハローワークや人材紹介会社で職務経歴書を添削してくれるサービス等もあるので、それを活用するのも良い方法です。

前の記事